VERB's BLOG [UNTITLED NOTE]

Days go by. Don't forget passed day.

空白期間のこと

というわけで、今回サークルを改めた経緯を話します。

これまで5年以上「VERB」のサークルで同人活動をしてきた自分ですが、
去年一昨年とサークル参加をしなかったのは
自分自身にある創作へのむき合い方の変化がひとつ、
もうひとつは自分の外部にある部分がひとつです。

ひとつめの創作へのむき合い方の変化について。
これは自分が続けていた二次創作を、この先もずっと続けるのか?と
疑問に思ったのが第一です。

さまざまな作品を創っていくうちに自分のなかに出来てきたイメージや
自分のこんな作品を書きたいビジョンがより具現化されていき、
そのなかで創作をするには二次創作よりオリジナル(一次創作)が
合っているな、と感じたのが正直なところでした。
現時点では結果に結んだものは数えるほどですが、
それでもこの二年で書いたオリジナルの作品は自分の創作観を広げてくれたと思います。
この変化での充実は二次創作のなかでは得られなかった、とも。





そしてもうひとつの外部というのは、
その時活動していたジャンルに対する不満や不審感です。
この先の話はあまり快く思わない方もいるかもしれませんが書かせてください。

サークル活動を空白にする直前、最も自分が精力的に活動していたのは東方projectでした。

端的に言ってしまえば、自分は東方が嫌いになったというよりは
それを取り巻く周囲のサークルの人間が嫌いになりました。

2~3年前の当時、記憶している限り東方のジャンルは自分が書きたいものを書くのではなく、
その時流行っている別ジャンルのネタをいかに早くパロディ化するか、
あるいは奇抜ともいえる嗜好を競うかのような異様な空気を感じていました。

そこ以外にはもちろん素晴らしい作品を書かれている方がいたのは存じていますし、
自分も一般として島を回る時には本当に素晴らしいサークルさんだけを
しっかり見よう、本を手に取ろうと意識していたと思います。
ですがどのイベントでもそんな有り様であったのでストレスがあったのは事実でした。

そしてもうひとつ、自分にとって決定的だったのは、
あるサークルから合同誌のお誘いを頂いた件でした。

この当時自分は自身のサークル参加もあり新刊を創る作業中で、
交流のあった知り合いから頂いたお誘いだったので自分も軽く返事してしまったのだと思います。
しかし主要キャラだけではなく作品テーマも限定した合同誌で、
自分が書き上げたそれはテーマとも合っていないように感じ、
テーマを考えたら自分の作品に対する満足度はあまり高くないものでした。

その時は主宰に頂いていた締め切りのひと月前でしたが
自分のサークル側の作業もあり併行は難しいと判断して、
主宰である知り合いへ合同誌の参加を辞退させてほしいと提案しました。
今回の合同誌のテーマにそぐわない印象があり、
自分の作品としては完成度が低いとの旨を伝えました。

しかし主宰は
「完成度を決めるのはこちらであって、
編集次第でうまく出来るから作品を提出してほしい」(意訳)
と言われました。
この一言で、この合同誌だけではなくこのジャンルで創作する気力が完全に失せました。

作品を生み出した本人が満足いかないと感じるものを、
いったい誰が最高の作品に仕上げられるのでしょうか。
それを満足いかない作者の意思は関係ないのでしょうか。
同人活動はいつからそれほど商業寄りな思考に染まったのでしょうか。

「結局この人は俺の作品が読みたいのではなくて自分の合同誌のページを上乗せしたいだけなんだな」
と感じた時点で、自分がこの人に協力する必要は微塵もないと思い
合同誌への不参加を譲りませんでした。
結果的に主宰には受理され、自分はその合同誌を辞退しました。

その後は自分の好きだった別のジャンルへ移って創作をしたりもしましたが
イベントの度に主宰のサークルからストーカーまがいの行動を受けるようになり、
その人たちが活動していた東方の原作と
創作自体を嫌いになりたくなかった自分は同人活動を事実上休止させていました。
コミケも含めて、同人ともほとんど距離を置いていました。

現在、別の創作をするようになってもなお創作をすごく楽しんでいます。
休止させていた間の経験値を生かすため、
また新しくスタートさせるため、「VERB」にはお休みしてもらいます。
新しいサークルの名前「Maid In Punk」はいまの自分自身を体現している言葉です。
いつかまた「VERB」で活動出来る日がくることを祈りながら、
再び同人活動を頑張っていきます。

華月。

VERB→Maid In Punk


久しぶりです。
このブログを書くのはおろか、
マイページを覗くのさえ 2年以上空いています。

この空白期間を話すのは別枠で書くとして、
まずはサークル参加の報告を。

6月にあるアイドルマスターの合同即売会にて、
新しいサークル「Maid In Punk」として参加させて頂けることになりました。
一ノ瀬志希、というキャラクターのプチオンリーです。
初めて参加するジャンルですが、まずは自分の作品を出していきたいなと。

初めましての方が大勢いると思いますが、
是非ともよろしくお願いします。

華月。




仕事納め



無事、今年も仕事のほう終えてきました。
いやー長かった。
世の中では昨日か一昨日くらいから休みのところがあるそうですが、
仕事の関係でこのギリギリまで仕事です(笑)

でも明日の冬コミ本番では
なにより楽しむことを忘れずに、サークル参加していきたいなと思います。
いつも言っていることですがね。
やっぱり楽しむって気持は大事だと実感する日々を過ごしてますので。




こちらの呟きにも書いた通りで、
明日はラブライブの新刊以外にも過去の東方本を少しだけ持って行きます。
さすがに前回出たのがちょうど一年前でそれからモグラだったので、
自分の本を手に取れなかった方の分として少量ですが頒布しますのでよろしくお願いします。

今夜は大人しく早寝するつもりです。
明日、笑顔の皆さんと出会えますように!

入稿しました


印刷所様から連絡がきたので。

コミケ三日目でサークル参加します「VERB」で
ラブライブの小説本を頒布します。もちろん新刊です。


新刊のタイトルは「クレマチスの蕾」に決めました。


久しぶりに同人誌のタイトルを考える作業をしてみて、
いままで付けたタイトルを見返してみたら英語のタイトルが多かったなかで
今回は自然と日本語になってました。

プロット段階では仮のタイトルをよく付ける人間なので、
最初はまったく違うタイトルでしたが書き終えたら
いまのタイトルの方がしっくりくるように。
(最初の仮タイトルはどこかで公開する機会があれば、と)


内容としては、ある年の八月で興味深い出来事があり、
それを作中の時間のなかで起こった出来事のひとつと重なるように書いてみました。
本当なら今年の夏コミを予定して考えていたものを
そのまま書いてます。今年の夏は抽選洩れしたので望んだ結果にはなりませんでしたが。
自分なりに「南ことりとはどんな人か」を考えて書いてみたつもりです。

当日は自分もスペースにいますのでよろしくお願いします!

FF15を買うか迷ってる人へ(ストーリーのネタバレ無しで)



この文章はFF15を、それこそ「ヴェルサス13」の第一報の時から買うの待ち望んでた者が
書いてくものです。
そして買うか迷っている人を、是非後押ししたいと思う所存です。


基本的にストーリーのネタバレではなく、
あくまで「このゲームのどこか面白いか」だけを書いていきます。
結構熱を入れて書くのでそこそこ時間ある時に
音楽聴いたりお茶飲みながらでも読んでください。


まずこのゲームを10時間ほど進めて、
どこが面白かったのかといえば


①フィールドを歩くのが面白い
②仲間との掛け合いが面白い



です。
おもにこのあたりをメインに感想書いていきます。



まずは①フィールドを歩くのが面白いです
これは過去にFFをプレイしたことある人にむけて。

従来のFFにはない完全につながったマップで遊べる夢がついに叶いました。
いわゆるワールドマップのBGMがなくなったのは寂しいですが、
それでもかなり魅力的に感じます。

街から少し離れればどこから敵が来るかわからない緊張感を味わいつつ、
食材探しをしたり撮影スポットを発見したり。
時にはとんでもなく強い敵がいる場所に迷い込んで危うくゲームオーバーになりかけたりも(笑)

あまりに広大で、発見ばかりがあるので徒歩での移動もまったく苦に感じませんでした。
少し移動が長いなと感じたら車(レガリア)も初期から使えるのでストレスもほとんどありません。
むしろ車での移動中は好きなBGMを流せるのでちょっとした気分転換も出来ます。

これまでFFはリアルさを追求して映像美を洗練させてきましたが、
ここにきてよりRPGとして実際に世界を歩いている感じを出してきたなー、と思いました。
プレイヤーの行動範囲を可能なかぎり広げてくれたことがとっても嬉しいですね。


そして次の②仲間との掛け合いが面白いです

主人公ノクトの仲間にはグラディオラス、プロンプト、イグニスという三人の仲間がいます。
パーティーはこの四人で物語が進んでいきますが、
道中のストーリーとの関係のない会話は聞いてるだけでも面白いです。

自然いっぱいに広がる場所ではしゃいでみせるメンバー。
街に来るとすぐ探索したがるメンバー。
街で食べる料理に感想を洩らすメンバー。


起きて眼を覚ませば何気なく朝の挨拶をするし、
夜が更けそうな時間には危険な夜に出歩くのはやめるべきと注意もする。
ストーリーが進めば必ず仲間が小言を呟く。

正直初めは男ばかりでホストばかりなどと思っていた自分も、
そんなやり取りを見ているのが気づけば楽しくなってしまいました(笑)
ホストっぽいちょっと中二な感じがまったくなく、
むしろ仲の良いティーンエイジたちの冒険を見ている感じですね。

ちなみに一番好きなのは釣りをしてる時のプロンプトの小言です(笑)


でもそんな暢気そうな彼らの道中で起きる戦闘でもその掛け合いは健在です。
今回の戦闘はフルアクションで、
特に仲間との連携が決まるかが肝になります。
そのなかで繰り広げられる会話が、また良い。
互いを信頼している雰囲気の出る会話もあれば、
ちょっと余裕がある時の冗談めいた会話もあり。
また状況を冷静に分析しアドバイスをくれる場面もあり本当に仲間と戦闘をしている気分が味わえます。
自然と戦闘中のテンションも上がってます!


これで伝わったのだろうか? と少し不安にはなりますが、
迷っているのであれば是非遊んでほしいゲームだと確信してます。

それでも不安だという方は公式で体験版を配信してるのでそちらを遊んでみるのは如何でしょうか?
体験版DLはこちら
NEWS
冬コミ参加します!
12/31(土)東ブロック リ20a
「VERB」

新刊「クレマチスの蕾」

2016.12.24
twitter
楽天市場
pixiv
  • ライブドアブログ